メルカリ・オークション

ウイルス対策ソフトをメルカリで購入すると超危険?【理由解説】

投稿日:2018年8月1日 更新日:

メルカリに出品されているウイルス対策ソフト

メルカリに出品されているウイルス対策ソフトには、2種類あります。購入したけれども、必要が無くなったので出品している人と、5台用などを購入して、その1台分を販売しているものです。

必要がなくなったものの方は、特に問題ありません。しかし、5台用などをバラ売りするのは、ソフトメーカーの規約違反です。最悪の場合、訴えられて損害賠償をしなければならなくなります。

ESETがメルカリにたくさん出品されている理由

ESETは5台までインストールできるパッケージが、一番安く売られています。しかし、ほとんどの方は1台にしか、インストールしません。そこで、使わない4台分を売って、少しでも安くしよう、と考える人が多いのです。

ESETのプログラム自体はネットから簡単にダウンロードできます。メールでシリアル番号だけ送れば、すぐにインストールできるのです。この簡単さが規約違反の横行につながっているんです。

メルカリで購入するとトラブルに巻き込まれやすい?

こういった取り引きは、トラブルも多いようです。それは、メルカリで売ったシリアル番号で、2台にインストールする人がいると、その後に購入した人がインストールできなくなるからです。また、再インストールしようとしても、できないトラブルも起こります。

トラブルが起こって返金要求をしようにも、悪いことと分かって取り引きしているので、申し出る事も出来ない事が起こります。

メルカリでウイルス対策ソフトを購入するなら

全ての出品が悪いという訳ではありません。ちゃんとソフト自体を発送してくれる出品者もいます。気を付けるのは、「1ユーザー分」などの記述がある出品です。

ESETだけに限らず、ウイルスバスターやノートンなどの他のウイルス対策ソフトの規約も、同じようにバラ売りすることは禁じられています。

ウイルス対策ソフトをメルカリで購入する場合は、そういった点を良く確認して購入しなければなりません。

-メルカリ・オークション
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした