ウイルス感染 セキュリティ対策 必要性

インターネットにつないでいないのにウイルス感染!?【感染経路】

投稿日:2018年9月3日 更新日:

インターネットにつないでいないのにウイルス感染 (その1)

過去にインターネットに接続していないのにウイルス感染した顧客に対応したことがあります。その事例は何件もありました。まず初めにご紹介するのは、旅行代理店を経営されている個人事業主の方。

その方は、旅行代理業を営み、海外への渡航も頻繁にある方でした。感染しているウイルスは希少種で、ウイルス対策ソフトでは発見できないものでした。分かった経緯は、パソコンの動作を遅くしてファイルを少しずつ破壊してゆくのが確認でき、症状とエラーの状況をネットで調べたところ、海外のサイトでの感染事例が報告されていたからです。

日本での報告は無く、ウイルス対策ソフトメーカーも対応していない状況でした。駆除方法が分からないので仕方なくパソコンのイメージバックアップを行い、定期的に復元することで対応しました。

インターネットにつないでいないのにウイルス感染 (その2)

もう一つご紹介する事例は、USBによる感染です。普段はエクセルとワードしか使わない方でした。インターネットには接続していないのにウイルスに感染して駆除をすることになりました。

ウイルスと書きましたが、正確にはワームと言われるものです。虫のように媒体を使って移動するのです。おそらくUSBを渡した方のパソコンがワームに感染しており、気づかないうちに広めてしまったようです。

このように、インターネットにつながれていない環境でも容易にウイルスに感染することが確認できています。「インターネットに接続していないから」という理由でウイルスに対する対策をしないのは危険かもしれません。名簿や社内データを扱うパソコンでは、特に注意が必要だと感じます。

インターネットにつないでいないのにウイルス感染 (その3)

最後に、過去に合った信じられない例をご紹介します。あるパソコン雑誌の付録についていたDVDに、ウイルスが混入していたという事例です。ソフトをインストールするとウイルスに感染し、問題になったことがあります。

また、店頭で販売されている新品のパソコンに、最初からウイルスが混入していたという事例まであります。どんな状況でも、ウイルス対策をしていて損をすることは無いと感じます。

-ウイルス感染, セキュリティ対策, 必要性
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

トレンドマイクロのパスワードマネージャーを使ってみて【口コミ】

パスワードマネージャーを試してみました セキュリティ対策では、ウイルスに感染しないことも大事だと思いますが、データを盗まれない事にも気をつけないといけません。ウイルス対策にはウイルスバスターを使ってい …

セキュリティから守るためのUTMが不具合の原因となる事も

  先日、パソコンのメンテナンスをしている会社から連絡がありました。 職場のパソコンに以下のようなメッセージが出てサイトにアクセスできないというのです。 表示されたメッセージ—& …

セキュリティ対策で最も大切なデータを守るということ【管理方法】

大切なデータを守るセキュリティ対策について パソコンを使っていて、一番気をつけたいのはデータの管理です。保存したはずのデータが、突然消えてしまうリスクを排除しなければなりません。大切な写真や重要書類な …

対策ソフトを入れていても防げなかった事例【ウイルス感染口コミ】

父に呼ばれてPCの調子を見てみたら…… 何年か前の話ですが、父の使っているパソコンがウィルス感染していました。 父はそれほどPC関連に強くなく、なにか困った際はすぐ質問をするのです。その日も、いつもの …

【ウイルスとは違う】スパイウェアやマルウェアの侵入経路と防ぎ方

スパイウェアやマルウェアとは 「ウイルス」と「スパイウェアやマルウェア」の違いは、それ自体に感染する能力があるかどうかです。行う悪さの内容は関係ないのです。侵入経路が違うというだけなのです。 ウイルス …