セキュリティニュース・話題

無料で漫画・本ダウンロードできる!?極悪フィッシングサイト出現

投稿日:2018年8月22日 更新日:

新手のフィッシングサイト出現

このほど世界的に巧妙なフィッシングサイトが大量に出現している。今までフィッシングサイトといえば、銀行やサイトのメールを装って誘導してログイン情報を盗むのが主流でした。

それが、漫画本などを無料で読めることを宣伝し、クレジットカード情報を盗むというもの。登録時にクレジットカード情報や個人情報を入力するのですが、実際は無料で漫画本などは読めず、情報だけが持って行かれるというものです。

この新手のフィッシングサイトは日本だけにとどまらず、世界的に広がっているそうです。各国の言語に対応しているのだそうだから、これを行っている組織も大がかりなものだと分かります。

「漫画を無料で読める」は危険なサイン

「購入すると結構な値段をするものが、無料で手に入るかもしれない」そういった考えを逆手に取ったフィッシングサイトは、今後も増えてくるはずです。

なぜクレジットカードが狙われるのか。それはクレジットカード情報が盗まれても、被害を届ければカードの持ち主には返金されることが多いのです。実際に被害を受けるのはクレジットカード会社なのです。年間、ものすごい額の被害が出ているそうですが、それでもクレジットカード会社は儲かるシステムになっているそうです。

だからと言って、クレジットカード情報を盗まれても安心しても良いわけではありません。被害にあった金額を取り戻すには、膨大な手間と時間を要します。また、金銭以外の別の被害にもつながります。

フィッシングサイトの手口を知ることが重要

セキュリティにおいて、フィッシング手法は一通り知っておくと防げる可能性が高くなります。無料で利用できるとうたうコンテンツには注意することや、クレジットカード情報を入力する必要があるコンテンツはできるかぎり利用を避けるのが安全です。

-セキュリティニュース・話題
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

どんなに強固にしても無駄?【セキュリティ企業がハッキング】

先日、衝撃的なニュースを見ました。アメリカのセキュリティ企業3社のパソコンがハッキングされて、膨大なデータが盗まれたそうです。ハッカー集団はロシアの「Fxmsp」ということが分かっています。 このニュ …

インテルが販売する製品について脆弱性の報告

  先日、インテルが販売する製品について脆弱性の報告がありました。 どんな製品かというと、Wi-FiからSSD、NUCなどの機器です。パソコンを使ううえで避けて通るのが難しい製品ばかりです。 …

メルカリの利用制限を厳しくしたあの変動【アカウント停止の引き金】

メルカリの利用制限の原因を作った出来事 メルカリの利用制限がチラホラと聞かれるようになったのは8月に入ってからです。そこから「自分も利用制限を受けた」という報告が続々と続き、今現在も利用制限を受けた方 …

セブンペイの不正利用から学べること

先日、セブンイレブンが始めた電子決済システム「セブンペイ(7Pay)」が利用開始になりました。そして利用開始たった1日にして、約900人分、金額にして5千万円以上の被害を出しました。 このニュースを聞 …

勝手に動くネットワークカメラの恐怖【原因はハッキング?】

このほどネットで話題になっている『勝手に動くネットワークカメラ』の映像です。動く部分は良く分かりませんが、カメラからなにやら女性の声で中国語のような会話が聞こえてきます。 中国製のネットワークカメラの …