セキュリティニュース・話題

ドコモのdポイント盗難事件から学べるポイント防衛手段【まとめ】

投稿日:2018年9月13日 更新日:

ドコモのdポイント盗難事件から学べること

ドコモのdポイント盗難事件にみる、自分でできるセキュリティ対策の方法はあるのでしょうか。今回はドコモの代理店に保管されている顧客データが流出し、そのデータを悪用されることで起きました。

dポイントを使った覚えがないのに、勝手にポイントが減っていたという方が300人程いたそうです。実際の流出件数は数千件です。ポイントが多く貯まっている方から標的にされたようです。

また、先日ポイントを使ってiPhoneを数千台購入されたというニュースがあったばかりです。その対策として、二段階認証というシステムが導入されました。

この対策によって次の被害は出ないだろうと考えていたところのニュースです。簡単には防げない被害だというのが良く分かります。

かといって、たくさん貯まっているポイントを奪われるのは腹立たしいものがありますよね。そこで、このようなポイントの盗難は、どうすれば防ぐことが出来るのか考えてみました。

3つのポイント防衛手段

ポイント防衛の1つ。貯まったポイントはこまめに使う。地道な方法ですが一番効果がある方法とも言えます。狙われるのはポイントが多く貯まっているユーザーからです。数百ポイントくらいでは、スルーされる可能性が高いと言えます。

次に、パスワードを定期的に変更することです。被害が出ているのはIDに加えてパスワードも一緒に流出したから起こったことです。流出後にパスワードを変えていれば、被害に遭う事は無かったでしょう。

ポイントを守る一番の対策

最後に「他のポイントに交換する」という方法があります。dポイント5000を2500マイルに交換することができます。より安全性の高いポイントに交換しておくことで、盗難に遭う危険性を下げることができます。

今回のケースでは、ニュースでデータ漏えいがあったことを知った時点で、上記のどれかの対策をしていれば、防げたとも言えます。ポイントを守る一番の対策は、ニュースや情報を知ったら早めに対策をすることと言えるかもしれませんね。

-セキュリティニュース・話題
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

勝手に動くネットワークカメラの恐怖【原因はハッキング?】

このほどネットで話題になっている『勝手に動くネットワークカメラ』の映像です。動く部分は良く分かりませんが、カメラからなにやら女性の声で中国語のような会話が聞こえてきます。 中国製のネットワークカメラの …

「おとなドリル」というセキュリティ意識にも生かせそうな秀逸本

  ニュースを見ていると「おとなドリル」という教育図書株式会社が出版予定の本を知りました。 この本は、全国の中学生・高校生が社会に出る前に学んでおくべき社会の仕組みについてマンガで学べるもの …

【注意】応募者全員1万円もらえるという元楽天証券社長キャンペーン

  本日、「応募者全員が『1万円』以上もらえる<元楽天証券社長キャンペーン>」というタイトルのメールが来ました。 (※ 安全のため、アドレスは一部伏字にさせて頂きます) スパムメ …

インテルが販売する製品について脆弱性の報告

  先日、インテルが販売する製品について脆弱性の報告がありました。 どんな製品かというと、Wi-FiからSSD、NUCなどの機器です。パソコンを使ううえで避けて通るのが難しい製品ばかりです。 …

セキュリティで危険なのはファーウェイ (HUAWEI)だけじゃない理由

ファーウェイのスマホは危険? このほど、ファーウェイのCFO (最高財務責任者) がカナダで拘束されたというニュースがありました。なんでもパスポートを複数発行して、アメリカの制裁に関する違法取引きに反 …