セキュリティニュース・話題

セブンペイの不正利用から学べること

投稿日:

先日、セブンイレブンが始めた電子決済システム「セブンペイ(7Pay)」が利用開始になりました。そして利用開始たった1日にして、約900人分、金額にして5千万円以上の被害を出しました。

このニュースを聞いたとき、普段からセキュリティに関心の高い私が思ったのは、「二段階認証をしていなかったのか」という気持ちです。二段階認証とは、アマゾンやヤフオクなど金銭を取扱うサイトの多くが使っているシステムです。

IDとパスワードで利用登録、ログインをする時に普段とは違う端末やIPアドレスから接続があれば、利用者の電話番号やメールアドレスに一時的な認証パスワードが送られてくるシステムです。

第三者がIDとパスワードを悪用しようとしても、できないシステムです。この二段階認証を導入していたとしたら、この事件は起きなかったか、起きたとしてもたいした被害は出なかったと言えます。

SNSでは、この基本的なセキュリティの欠陥を「基本中の基本」、「セキュリティの試験でやっちゃいけいな事をしている」など指摘する方が多くいました。

ここで利用者が思うのは、ずさんなセキュリティ管理システムもありますが、「どうして不正利用されたのか」という点もあるのではないでしょうか。

過去のハッキングやセキュリティ問題を見ると考えられる事があります。それは、他のサイトで使っているID、パスワードをそのままセブンペイでも利用した方が多いという事です。

不正利用しようと考える者は、できるだけ簡単に確率の高い方法を選択します。利用するサービスごとにIDやパスワードわ変えていたら、覚えるのが大変です。だからどれも同じものにする方がとても多いのです。

それが悪用される危険性を高くする原因となっているのです。例え管理が面倒でもIDとパスワードの使い回しは厳禁ということです。さらに「二段階認証やセキュリティがしっかりしているから大丈夫だろう」という考えも捨てるべきだと言えます。

どんなにシステムが発達しても、どんなに信用できる会社であってもセキュリティの欠陥とは、意外にもあるものです。大切なものはしっかりと自分で管理するのが、一番セキュリティを高めてくれる手段と言えるのではないでしょうか。

-セキュリティニュース・話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ドコモのdポイント盗難事件から学べるポイント防衛手段【まとめ】

ドコモのdポイント盗難事件から学べること ドコモのdポイント盗難事件にみる、自分でできるセキュリティ対策の方法はあるのでしょうか。今回はドコモの代理店に保管されている顧客データが流出し、そのデータを悪 …

メルカリの利用制限が厳しくなった理由発見!【8月末のアノ件】

8月のあの一件がメルカリの利用制限の引き金か 8月よりメルカリでの利用制限、本人確認が多数報告されています。9月が過ぎようとしている現在でも、未だに多くの出品者・購入者からのアカウント凍結、売上金凍結 …

インテルが販売する製品について脆弱性の報告

  先日、インテルが販売する製品について脆弱性の報告がありました。 どんな製品かというと、Wi-FiからSSD、NUCなどの機器です。パソコンを使ううえで避けて通るのが難しい製品ばかりです。 …

ウイルスのせいで会社がクビ、一家離散した事例【最悪のケース】

ウイルスで一家離散の事例 以前にある記事を読んだことがあります。それは、ウイルスに感染したせいで会社がクビになってしまい、離婚・一家離散してしまったという話です。 ウイルスに感染したのは、大手企業に勤 …

パスワードの定期的な変更は必要ないという誤解【真実を暴露】

パスワードの定期的な変更が必要ないもの このほどニュースで定期的なパスワードの変更は、もはや必要ない。と、いうようなものが報道されいます。この記事を読んだ方は、「もうパスワードの変更をしなくても良い」 …