セキュリティ対策

放置するとハードディスクがずっとカリカリとアクセス【原因を特定】

投稿日:2018年8月29日 更新日:

ハードディスクがカリカリとアクセス

パソコンを立ち上げたまま少しの間触っていないと、ハードディスクがずっとカリカリいってる事があります。私も何が動いているんだろうといつも気になっていました。

もしかしたらウイルスかスパイウェアじゃないかと思って確かめることにしました。キーボードの Ctrl+Alt+Delete を押すとタスクマネージャーが起動できます。

プロセスの項目を選択して、CPUをクリック。そうするとCPU使用率の高い順に上からプログラム名が表示されます。しばらく置いておくと…

ハードディスクがカリカリと鳴る原因

なんとハードディスクがずっとカリカリとアクセスしている原因は、デフラグでした。デフラグとは、ハードディスク上でバラバラになったデータを整頓する作業です。定期的に行うことで速度を改善してくれます。

今までのOSでは手動か設定した時のみ、デフラグを実行することができました。Windows10 からは勝手に自動でやってくれるようです。有り難い機能なのだとは思いますが、知らないと不安になってしまいますよね。

デフラグが原因でない場合もあるようです

ちなみにパソコンをしばらく放置しておくと動き出すウイルスも多数存在します。そういった時は、同じ方法でプログラム名を特定してネットで検索をしてみれば、解決の糸口をつかむことができるかもしれません。知っておいて損はない方法です。

-セキュリティ対策
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

次なる脅威「マイニングマルウェア」 【その被害と防ぎ方】

今までのウイルス コンピュータウイルスは、パソコンに感染してデータの破壊・スパイ行為を行うものと昔から思われていました。データを盗み出したり、パソコンを破壊することで利益を得る者がいたからです。 マイ …

セキュリティで重要なメールの取扱い 【確認でできるウイルス対策】

会社と個人でセキュリティの度合いは変わります。どちらが重要かと考えると、人によってもそれぞれの対応が迫られると思います。会社では専門チームが存在するので、大抵は任せてしまい、自分で出来ることを考えるべ …

電源周りのセキュリティ対策 【ウイルス対策よりも重要?】

電源周りのセキュリティ対策 法人のセキュリティサポートをしていますが、ウイルス対策やデータ保全だけが大切なものではありません。パソコンの電源周りについても気を使っています。 電源が理由でパソコンが故障 …

USBフラッシュメモリー紛失事故を防ぐ唯一の方法【管理者必見!】

USBフラッシュメモリー紛失事故 ニュースでよく、学校の先生が生徒の評価データが入ったUSBメモリを紛失したというのを放送されています。私もUSBメモリを何度か紛失しているので、無くした先生の気持ちが …

トレンドマイクロのパスワードマネージャーを使ってみて【口コミ】

パスワードマネージャーを試してみました セキュリティ対策では、ウイルスに感染しないことも大事だと思いますが、データを盗まれない事にも気をつけないといけません。ウイルス対策にはウイルスバスターを使ってい …