セキュリティ対策

放置するとハードディスクがずっとカリカリとアクセス【原因を特定】

投稿日:2018年8月29日 更新日:

ハードディスクがカリカリとアクセス

パソコンを立ち上げたまま少しの間触っていないと、ハードディスクがずっとカリカリいってる事があります。私も何が動いているんだろうといつも気になっていました。

もしかしたらウイルスかスパイウェアじゃないかと思って確かめることにしました。キーボードの Ctrl+Alt+Delete を押すとタスクマネージャーが起動できます。

プロセスの項目を選択して、CPUをクリック。そうするとCPU使用率の高い順に上からプログラム名が表示されます。しばらく置いておくと…

ハードディスクがカリカリと鳴る原因

なんとハードディスクがずっとカリカリとアクセスしている原因は、デフラグでした。デフラグとは、ハードディスク上でバラバラになったデータを整頓する作業です。定期的に行うことで速度を改善してくれます。

今までのOSでは手動か設定した時のみ、デフラグを実行することができました。Windows10 からは勝手に自動でやってくれるようです。有り難い機能なのだとは思いますが、知らないと不安になってしまいますよね。

デフラグが原因でない場合もあるようです

ちなみにパソコンをしばらく放置しておくと動き出すウイルスも多数存在します。そういった時は、同じ方法でプログラム名を特定してネットで検索をしてみれば、解決の糸口をつかむことができるかもしれません。知っておいて損はない方法です。

-セキュリティ対策
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

日本国産メーカーのウイルス対策ソフトを使う重要性【後悔する前に】

ウイルス対策ソフトの中で日本国産はどれ? 昔、海外製のウイルス対策ソフトを利用していた時期があります。というよりも、市販されているウイルス対策ソフト全てを利用したのです。その中で日本国メーカーと言える …

定期的なパスワード変更は最強のセキュリティ対策!?

パスワードを変更しました 先日、普段利用しているサイトのパスワードをいくつか変更しました。 同時にできる限りのセキュリティも上げました。きっかけは何らかの事情で利用しているメールが開かなくなってしまっ …

USBメモリが無くてもできるバックアップ方法 【裏ワザ紹介】

パソコンの調子が悪いのでバックアップは基本です 今使っているパソコンはWindows10にバージョンアップして、調子がかなり悪いです。時々立ち上がらないことがあって、ドキドキしながら、毎日使っています …

ランサムウェアに感染した場合の復旧方法 【少しの望みを探る】

絶望のランサムウェア ランサムウェアに感染し暗号化が完了してしまうと、ほぼ復旧はできません。ほぼと言うには、復旧できる事例があるからです。 復旧できるものとして「Thanatos」というランサムウェア …

トレンドマイクロのパスワードマネージャーを使ってみて【口コミ】

パスワードマネージャーを試してみました セキュリティ対策では、ウイルスに感染しないことも大事だと思いますが、データを盗まれない事にも気をつけないといけません。ウイルス対策にはウイルスバスターを使ってい …