ウイルス対策ソフトの選び方 セキュリティ対策

日本国産メーカーのウイルス対策ソフトを使う重要性【後悔する前に】

投稿日:2018年8月28日 更新日:

ウイルス対策ソフトの中で日本国産はどれ?

昔、海外製のウイルス対策ソフトを利用していた時期があります。というよりも、市販されているウイルス対策ソフト全てを利用したのです。その中で日本国メーカーと言えるのは、実はウイルスバスターだけだったんです。

各ウイルス対策ソフトのメーカーがある国

ウイルスバスター ・・・日本
ノートン ・・・アメリカ
マカフィー ・・・アメリカ
カスペルスキー ・・・ロシア
セキュリティZERO ・・・日本とインド
ESET ・・・スロバキア
AVAST ・・・チェコ

日本国産以外のウイルス対策ソフトを利用して分かったこと

全てのウイルス対策ソフト使ってみて分かったことですが、日本人のパソコンの使い方というのは、他国の方と違うと思うのです。だからこそ、ウイルス対策ソフトの付属機能も違ってきます。

長く使ってみて気づいたのが、ウイルスバスターは日本人に合った仕様作られていることです。かつてガラパゴス携帯というものがありました。日本独自の機能を備えた携帯の事で、世界中から不思議がられるような仕様になっていたのです。

日本人にあった仕様のウイルス対策ソフト

ウイルス対策ソフトにも、この事が言えるのです。日本人は気が短いと思うんです。だから、なるべくパソコンに負担をかけない仕様になっています。また、使う人に合わせて色々な調整が細かくできるようになっています。

ウイルスバスターはウイルス対策ソフトの中で一番機能が多いと言えます。その代わり、その機能を生かす為には、ある程度の操作と設定が必要です。
逆に海外メーカーのウイルス対策ソフトは、インストールして何の設定も無く、シンプルな機能を使えるようになっています。

もし、日々の安全性を重視して日本人に合ったセキュリティ対策をしたいと考えるのであれば、ウイルスバスターが良いと思います。特に設定など意識せず、シンプルな機能を使いたいのであれば、Windows Deffenderなど最初から搭載されている無料のウイルス対策機能で十分だと私は考えています。

-ウイルス対策ソフトの選び方, セキュリティ対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ウィンドウズアップデートは自動更新オフが基本【危険な理由】

ウィンドウズアップデートの日 毎月第二水曜日はウィンドウズアップデートの日です。パソコンに詳しい人は、このアップデートの日は緊張するんです。何故なら不具合が起きる大半がウィンドウズアップデート直後だか …

セキュリティ対策を仕方なくする方の為のウイルス対策ソフトとは

ウイルス対策なんてどうでもいいけど安くて良いモノ 本当はウイルス対策なんてどうでもいいけど、仕方なく入れなければいけない。世の中には、そんな方が意外と多いんです。会社のデータを持ち帰って仕事することを …

パソコンのログインパスワードは意味がない!【必要性のない理由】

ログインパスワードは意味がない理由 パソコンにログインパスワードを設定されている方は多いと思います。もし紛失して他人にパソコンを開かれたくないから。他人に勝手に中を見られたくないから。そんな理由がほと …

ウイルス対策は実は付属機能が最も大事な理由とは?

ウイルス対策をするようになったきっかけ パソコンは日常生活に必要なアイテムですから、ウイルス対策には気を遣っています。以前、職場の先輩から、ウイルス対策をしていなかったために、パソコンばかりではなくU …

ランサムウェアに感染した場合の復旧方法 【少しの望みを探る】

絶望のランサムウェア ランサムウェアに感染し暗号化が完了してしまうと、ほぼ復旧はできません。ほぼと言うには、復旧できる事例があるからです。 復旧できるものとして「Thanatos」というランサムウェア …