ウイルスバスター ダウンロード版

ウイルスバスターはダウンロード版とパッケージ版どちらが良い?

投稿日:2018年5月31日 更新日:

ウイルスバスターは初めてウイルス対策ソフトを導入する人はもちろん、これから乗り換えを検討している人にとっても使いやすいソフトと言えます。

かつてはパッケージ版が主流であったウイルスバスターですが、現在はダウンロード版も登場しているため、BD(DVD)ドライブの有無を気にすることなく、ネット環境さえあればいつでも導入することができます。

販売本数上位を維持するウイルスバスタークラウドは、高い防御力ながら軽快な動作が一番の売りでもあります。パソコンの動作を重くする心配がないので、作業の妨げにならないのが選ばれる1番の理由となっています。

また、年中無休で電話やチャットによる問い合わせができるため、導入後に疑問が生じた際のサポート体制も他に比べ行き届いていると言えます。パソコン初心者にとっては、サポート面も選ぶ基準の1つにあげられます。

そんなウイルスバスターのダウンロード版とパッケージ版の違いは、箱・ディスクくらいです。ディスクがあるからといっても、購入してインストールする場合は、ダウンロードが推奨されているんです。どういうこと?と、思いますよね。

その理由は、なるべく最新のプログラムをインストールした方が不具合が少ないからです。私もパッケージ版を何度も購入してきましたが、ディスクを使ったことはほとんどありません。購入してシリアル番号の紙だけ保管して後は捨ててしまいます。シリアル番号さえしっかり保管しておけば、ネットからインストールできるので、必要ないということです。ダウンロード版の購入とパッケージ版の購入のメリットは以下のようになります。

ダウンロード版とパッケージ版の各メリット

ダウンロード版
パッケージ版
・すぐに利用できる
・ゴミが出ない
・シリアルキーを紛失しにくい

ダウンロードで購入する方法は、難しいと思われるかもしれませんが、とても簡単です。購入するとメールでシリアル番号が送られてきます。試用版をインストールしていれば、そのシリアル番号を入力するだけで完了するんです。届いたシリアルキーの保管だけしっかりしておけば、両者に違いはほとんどありませんでした。

もし、試用版をインストールしていなくても、ダウンロードしたソフトをクリックして、途中でシリアル番号を入力するだけで完了します。

最初に行われる最新版へのアップデートも、ほとんどをウイルスバスター側で完了してくれるため、難しい操作は一切不要となっています。30日間無料のお試し版もあるので、導入を考えたらそちらを利用してから検討することができます。

メーカーであるトレンドマイクロから購入すると、2ヶ月間の延長利用できるキャンペーンも行われています。サイト中央のバナーから行くことができます。

⇒  【 トレンドマイクロ キャンペーンページ 】

 

-ウイルスバスター, ダウンロード版
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ウイルスバスターとESET (イーセット)の比較

販売価格は台数、年数などで複数のバージョンがあります。価格もそれぞれ当然違うのですが、インストールできる台数が少ない方が安いのかと言うと、違います。一番売れている製品は安いのですが、あまり購入されない …

ウイルスバスターとノートンの比較【購入判断と評価】

ウイルスバスターとノートンの価格の比較 まずウイルスバスターの3台3年版の価格は、約9,980円(税込)です。ノートンのまったく同じ3年3台版の価格は約11,000円(税込)でした。ノートンの方が若干 …

付属機能から分かるウイルスバスターの評価

ウイルスバスターの機能「保護者による使用制限」について 実際にこの機能を使ってみました。そうするとある欠点と意外な使い方が見つかりました。 まず欠点とは、パスワードです。制限がかかると設定した時間の間 …

オンラインスキャンの落とし穴

パソコンサポートをしていてウイルスに感染しているパソコン修理をしたことは何度もあります。 そこで同僚がやってしまった大失敗があります。 ウイルス感染したパソコンをオンラインスキャンした時のことです。 …

ウイルスバスターの評判【良い評判の理由・悪い評判の要因】

ウイルスバスターは国内シェア1位のセキュリティソフトです。家電量販店などでは定番のソフトとして扱っています。 ウイルスバスターの評判としては、「分かりやすい・機能が充実している・サポートが充実している …