ウイルスバスター

ウイルスバスターを購入前に絶対確認するべき2つの事【要注意】

投稿日:2018年9月14日 更新日:

ウイルスバスター購入前に確認した方が良い2つの事

ウイルスバスターを何度も使っていると、ある事が見えてきました。そのある事とは、入れてはいけいなパソコン。それから購入するタイミングです。

なぜ入れてはいけないパソコンがあるのか、ご説明させて頂きます。それは私が対応している会社のパソコンで起こりました。その会社で事務の経理をされている方が、セキュリティ対策でウイルスバスターを入れました。

ウイルスバスターを入れるべきではなかったパソコン

そうすると、ある問題を引き起こしたんです。そのパソコンではネット決済で振込みをよく行うパソコンでした。また、銀行から言われたフィッシング対策ツールを入れていたんです。

そのフィッシング対策ツールとウイルスバスターとの相性が悪かったようで、不具合が多発。パソコンがフリーズしたり、エラーが頻発しました。仕事どころではなくなったのです。

原因がウイルスバスターとフィッシング対策ツールの競合だと分かりました。そのパソコンからはウイルスバスターをアンインストールすることになりました。結局、そのパソコンには、もともと搭載されていた Windows Defender を有効にすることで、セキュリティ対策は出来ました。

このように、ネットで銀行決済をするパソコンにはウイルスバスターだけに限らず、市販のウイルス対策はしない方がよい、という結論になったんです。

ウイルスバスターを購入前に確認すれば安く買える?

もう一つの確認しなければならない事。それはクーポンキャンペーンの確認です。ウイルスバスターを購入されるなら、どこで購入されますか?公式サイトですか?それともアマゾンですか?

どちらもキャンペーンを行うことがあります。そのキャンペーンは、サイトに行けば必ず適用されるとは限らないのです。ちゃんとクーポンの表示されたページから行かないと安く購入できないんです。

キャンペーンでは10%~20%安く購入ができます。もともと高いソフトです。金額にして1,300円~2,600円も違ってくるんです。購入時に6文字のアルファベットを入力するだけで、これだけの金額が安くなるんです。

後から知ったらとても後悔してしまう情報ではないでしょうか。私は購入した後にこの事を知って、とてもショックを受けました。見られた方が同じ思いをしないようにまとめさせて頂きました。

-ウイルスバスター
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

付属機能から分かるウイルスバスターの評価

ウイルスバスターの機能「保護者による使用制限」について 実際にこの機能を使ってみました。そうするとある欠点と意外な使い方が見つかりました。 まず欠点とは、パスワードです。制限がかかると設定した時間の間 …

【最安値】ウイルスバスターを1,700円で購入する裏技【合法】

ウイルスバスターの最安値を探したところ… ウイルスバスターの3台3年版は、どんなに安くても10,000円以下で売られているのを見たことがありません。一番使っている人が多く安心できるウイルス対策ソフトな …

ウイルスバスターはダウンロード版とパッケージ版どちらが良い?

ウイルスバスターは初めてウイルス対策ソフトを導入する人はもちろん、これから乗り換えを検討している人にとっても使いやすいソフトと言えます。 かつてはパッケージ版が主流であったウイルスバスターですが、現在 …

ウイルスバスターとESET (イーセット)の比較

販売価格は台数、年数などで複数のバージョンがあります。価格もそれぞれ当然違うのですが、インストールできる台数が少ない方が安いのかと言うと、違います。一番売れている製品は安いのですが、あまり購入されない …

ウイルスバスターとeset(イーセット)の違い

ウイルスバスターもeset(イーセット)も大切なPC・情報を守るセキュリティソフトです。大きな特徴の違いとして、ウイルスバスターはソフトの操作画面が分かりやすく、カスタマーサポート体制もしっかりしてい …