ウイルスバスター

ランサムウェアに感染してもデータが暗号化されない保護機能

ウイルスバスターの便利な機能 【フォルダシールド】の詳細

もしランサムウェア等に侵入され、大切なデータを書き換えようとした場合、この機能が働き、書き換えを防いでくれます。

初期の設定では、大事なデータが保存されやすい場所が保護されています。

 

初期に保護されているフォルダ
・Documents (ドキュメント内)
・Pictures (写真用データフォルダ内)
・Dropbox
・OneDrive
・外付けの保存媒体 (USBフラッシュメモリ、外付けハードディスク等)

 

 

「フォルダシールド」の注意点

導入した状態で、ランサムウェアからほとんどの大切なデータを守ってくれます。

しかし、初期設定では「デスクトップ上のファイル」、「フォルダを作って保存しているファイルの一部」は、保護の対象になっていません

「追加設定」を行うか、大事なデータは保護されたフォルダに保存する必要があります。

 

「フォルダシールド」設定の場所

タスクバーの中のウィルスバスターアイコンの上で「右クリック」をします。

 

① メイン画面の表示をクリック。

 

② メイン画面の「データを守る」をクリック。

 

③ 「フォルダシールド」の項目の「設定」をクリック。

 

④ 途中で「概要の説明」や「パスワードの入力」画面が出てきます。
パスワード入力しOKを押します。

 

⑤ この画面で「フォルダシールド」のオンオフや、フォルダの設定を行います。

 

 

「フォルダシールド」を最適化する調整

大切なデータは、保護してくれるフォルダに保存する必要があります。

デスクトップや保護したいフォルダを自分で追加設定するのが最適です。

 

追加設定の方法

上記の手順で設定画面を開き、「フォルダの管理」ボタンを押します。

保護するフォルダの選択画面が出てきますので、追加したいフォルダにチェックを入れOKを押します。

最低でも「Desktop」にチェックを入れておくだけで、とても安心できる設定になります。

 

ウイルスバスターの便利な機能

 

-ウイルスバスター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ウイルスバスター バージョンの種類と違い 【購入前に見る選ぶ基準】

目次1 一般的に販売されているウイルスバスターの種類1.1 デジタルサポートの内容1.1.1 問い合わせできる設定・使い方内容1.1.2 デジタルライフサポート プレミアムの注意点1.2 利用可能年数 …

ウイルスバスターの便利な機能 【セキュリティ脅威のスキャン】

目次1 セキュリティ脅威のスキャンができること1.0.1 脅威が見つからなかった時の表示2 セキュリティ脅威のスキャンの使い方2.1 ダウンロードファイルのスキャン2.2 フォルダのスキャン3 セキュ …

データを復旧できないように完全削除してくれる機能

目次1 ウイルスバスターの便利な機能 【データ消去ツール】の詳細2 「データ消去ツール」の注意点3 「データ消去ツール」場所と設定方法4 「データ消去ツール」の補足説明 ウイルスバスターの便利な機能 …

セキュリティ対策にウイルスバスターを選んだ理由 【口コミ体験談】

目次1 不安からセキュリティ対策の必要性を感じて2 このような理由からウイルスバスターを選びました3 ウイルスバスターを使ってみて 不安からセキュリティ対策の必要性を感じて 私は最近、自宅で使っている …

ウイルスバスターを購入前に絶対確認するべき2つの事【要注意】

目次1 ウイルスバスター購入前に確認した方が良い2つの事2 ウイルスバスターを入れるべきではなかったパソコン3 ウイルスバスターを購入前に確認すれば安く買える? ウイルスバスター購入前に確認した方が良 …