ウイルスバスター

データを復旧できないように完全削除してくれる機能

ウイルスバスターの便利な機能 【データ消去ツール】の詳細

削除後に処理をする機能ではなく、削除する時に復元できないように「完全削除」が選択できる機能です。

以下のような状況を想定した機能です。

 

「データ消去ツール」の想定環境
外部にもれると困るデータがある
データごとに通常削除・完全削除を選びたい
高度なデータ漏洩防止対策を考えている

 

Youtube にも上がっていますが、中古で購入したハードディスクやメモリカードからデータを復旧して閲覧している動画がたくさんあります。

それは残っていたデータを開いたのではありません。

削除されたデータを復元して閲覧しています

データを完全消去せずに譲渡・廃棄すると悪用される可能性があるのです

この機能は、そういった不安を取り除いてくれると言えます。

 

「データ消去ツール」の注意点

この機能は、導入当初はオフになっています。

利用したい場合は、最初に設定をする必要があります。

全ての削除データを復旧不能にしてくれる機能ではないため、削除する時に「完全削除」か「通常削除」かを選んで行う機能です。

設定しておいても、使用上パソコンに負担や変化はありません。

 

「データ消去ツール」場所と設定方法

 

① タスクバーの中のウィルスバスターアイコンの上で「右クリック」をします。

 

 

② メイン画面の表示をクリック。

 

 

③ メイン画面の「データを守る」をクリック。

 

 

④「データ消去ツール」の項目の「設定」をクリック。

 

 

⑤ 「概要」右下の OK をクリック

 

 

⑥ 左の「スライド」をクリック

 

 

⑦ OK を押して閉じる

※個人使用では「セキュリティレベル :中 」で特に問題はありません。

 

使用可能になると以下の場所の文字が「有効」に変わります。


また、ファイルの上で右クリックをすると、「データ消去ツールで削除」の項目が追加されます。

こちらを選択すると、「完全削除」となります。

通常削除したい場合は、下の「削除 (D)」の方を選択します。

「データ消去ツール」の補足説明

キーボードの Delete キー で削除した場合は、「通常の削除」となります。

完全削除で沢山のデータを処理する場合は、ファイルを全て選択した状態で「データ消去ツールで削除」を実行します。

また、「ごみ箱」の中のデータには、「データ消去ツール」を実行することができません。

その場合は、「元に戻す」作業を行って実行する必要があります。

 

ウイルスバスターの便利な機能

 

 

-ウイルスバスター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

不要なメールが簡単に排除できる「迷惑メール対策ツール」の導入検証

目次1 ウイルスバスター「迷惑メール対策ツール」の導入検証1.1 導入可能な環境1.1.1 OSの対応リスト1.1.2 メールソフトの対応リスト2 迷惑メール対策ツールの判定精度2.1 「迷惑メール対 …

付属機能から分かるウイルスバスターの評価

目次1 ウイルスバスターの機能「保護者による使用制限」について2 ウイルスバスターのフォルダシールドの機能とは3 ウイルスバスターのデータ消去ツールとは4 ウイルスバスターのパスワードマネージャーとい …

ウイルスバスターとノートンの比較【購入判断と評価】

ウイルスバスターとノートンの価格の比較 まずウイルスバスターの3台3年版の価格は、約9,980円(税込)です。ノートンのまったく同じ3年3台版の価格は約11,000円(税込)でした。ノートンの方が若干 …

オンラインスキャンの落とし穴

パソコンサポートをしていてウイルスに感染しているパソコン修理をしたことは何度もあります。 そこで同僚がやってしまった大失敗があります。 ウイルス感染したパソコンをオンラインスキャンした時のことです。 …

ウイルスバスター バージョンの種類と違い 【購入前に見る選ぶ基準】

目次1 一般的に販売されているウイルスバスターの種類1.1 デジタルサポートの内容1.1.1 問い合わせできる設定・使い方内容1.1.2 デジタルライフサポート プレミアムの注意点1.2 利用可能年数 …