ウイルス感染 メールのセキュリティ対策

巧妙化するウイルス入りメールの手法【知っておかないと感染する?】

投稿日:2018年9月2日 更新日:

ウイルス入りメールによる感染の事例

先日、サポートをしている会社から連絡がありました。誤って怪しいメールを開いてしまい、ウイルスに感染したようなんです。それで、ファイルがどんどん開けなくなっているんです。

このような電話がありました。書き換えられているデータは外付けのファイルサーバのデータです。感染したウイルスは、ランサムウェアらしき挙動でした。

「すぐにLANケーブルを抜いて下さい」と伝えると、データの書き換えは止まったようです。約20%程のデータが開けなくなったそうですが、仕事にそれほど支障の出る部分では無かったので助かったようです。

ウイルスが感染した原因

その後、出向いて原因や感染したパソコンの対処をしました。事情を聞いたところ、開いたファイルはタイトルが「請求書」となっていました。

そうなんです。最近のウイルス混入メールは、「納品書」「ヤマト運輸よりのお知らせ」「佐川急便よりの荷物の配達ご案内」など、仕事をしている人であれば、開く可能性の高いタイトルになっているんです。

「例の書類を送らせて頂きます」や「金額が確定しましたのでご確認ください」など、ちょっと心あたりがあると開かずにはいられないような文面が多くなっているんです。

もし、「今、取引きしている相手先からだったらどうしよう」と考えてしまうのです。こんな怪しいメールを見分ける方法が幾つかあります。

ウイルス感染の疑いのあるメールの見分け方

それは差出人のメールアドレスと宛先のメールアドレスです。差出人のメールアドレスが自分のメールアドレスになっていたり、それをちょっとだけ改変されているものがあります。そういったものは気を付けないといけません。

また、Appleやヤマト運輸など有名なメールアドレスを偽装していることもありますので、これだけを見て安心するのも危険と言えます。

宛先ですが、本来であれば、こちらのメールアドレスが記載されている事がほとんどなのですが、多くの場合CCという複数の相手に送る形式で送付しているものが多くなっています。

CC(カーボンコピー)とは、一度に複数の人にメールを送る機能です。CCで送られてきたメールは、まず疑ってみるべきです。また、個人宛にも「アップルからのご連絡」などiフォンやアップルのサービスを利用している人をターゲットにしたものが多く出てきています。

どんなメールであっても、まず疑ってみるクセを付けておいた方が良いかもしれません。

-ウイルス感染, メールのセキュリティ対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

メルカリで登録したメールアドレスにスパムメールが来た【激怒】

メルカリで登録したメールアドレスにスパムメールが来た メルカリで登録したメールアドレスに、スパムメール(未承諾広告メール)が来るようになりました。送信者はApple (アップル) です。アップルの名を …

無料動画サイトはウイルスの巣窟 【感染被害の口コミ】

無料動画サイトでウイルス感染 私はインターネットの無料動画サイトを利用して、アニメや連続ドラマをよく観ていました。そんな動画サイトを利用していて、スパイウェア被害やウィルス感染もしたことがあります。 …

私が心がけるウイルス対策以外のセキュリティ意識 【口コミ】

基本のウイルス対策 私はパソコンのセキュリティー対策として、ウィルスバスターを使っています。時々更新があるのですが、セキュリティー対策上、とても大事なので、忘れずに行うようにしています。 ネット上のサ …

本日のフィッシングメール「Amazon. co. jp にご登録のアカウント~」

  最近、アマゾンからのメールを装ってフィッシングメールが毎日届きます。アマゾンでの取引きをしているメールアドレス宛に届くので、とてもやっかいです。 本日届いたメールのタイトルは 、「 Am …

学校のPC室のパソコン全てをウイルス感染で壊滅【失敗談口コミ】

学校のPC室のパソコンをウイルス感染 現在事務補助として会社に勤めている私が、10年前に体験した話です。当時、私は中学校のクラブで一時期だけ情報処理部に所属していました。PC室にあったパソコンは予備の …