セキュリティ対策

便利なフリーソフトは最大の脅威!?【セキュリティの抜け穴】

投稿日:2018年10月4日 更新日:

フリーソフトを実行して顔面蒼白

先日、あるフリーソフトを利用したところ、不具合でメールデータが消失してしまいました。そのあるフリーソフトとは、「CCleaner」です。以前から、パソコン内部の不要なゴミを削除するツールとして重宝していました。

今回も、久しぶりにパソコン内部にたまった不要なファイルを削除する為に、最新版をダウンロードして実行しました。そうすると、メールの受信データが全て消えて無くなってしまったのです。

とても大切なメールデータが大量に保存してあったので、もうアセるどころの騒ぎではありません。顔面蒼白です。調べてみると、データは完全に削除された訳では無く、破損した状態なので読み込まれなくなっているだけだと分かりました。

ネットを参考に修復を試みて、半日がかりでやっと復元することができました。一部のデータは完全に修復する事ができずに文字化けしているところも残っています。

フリーソフト「CCleaner」のセキュリティに関わるもう一つの問題

この件については、単純にバグかと思われるのですが、調べていると「CCleaner」にはもう一つ大きな問題があることが分かりました。その問題とは、「実行しているパソコンのデータが収集される」というのです。しかも、そのデータ収集機能をオフにするチェックボックスがあるのですが、オフにしても次回起動するとオンになったままなのだそうです。

このオフに出来ない仕様は、「CCleaner」がアバストという会社に買収されてから起き始めたそうです。アバストという会社は、フリーソフトのウイルス対策ソフト「AVAST」でとても有名な会社です。

利用者の許諾なしに、パソコンのデータを収集されるのは気持ちが良いものではありません。ましてや、拒否する事も出来ず強制的にとなると疑いの目が強くなってしまいます。

フリーソフトが必ず持っているリスク

フリーソフトが無料である理由は、その他の部分で収益を得ることができるからです。どうしても収益得る事が難しい状況になってくると、グレーな領域へ手を出すしか方法が無くなってきます。

こういった理由から、フリーソフトには必ずそのようなリスクが伴うことを理解した上で使用する必要が出てくると言えます。個人のパソコンであれば、多少のデータは問題ないかもしまれせんが、会社でフリーソフトを導入するということは、とても危険な行為と言えるのです。

もし、データ流出すると問題の起こる環境でパソコンを利用されているのであれば、市販のセキュリティ対策ソフトを導入するのが、一番かしこい選択と言えるのではないでしょうか。

-セキュリティ対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

USBフラッシュメモリー紛失事故を防ぐ唯一の方法【管理者必見!】

USBフラッシュメモリー紛失事故 ニュースでよく、学校の先生が生徒の評価データが入ったUSBメモリを紛失したというのを放送されています。私もUSBメモリを何度か紛失しているので、無くした先生の気持ちが …

セキュリティから守るためのUTMが不具合の原因となる事も

  先日、パソコンのメンテナンスをしている会社から連絡がありました。 職場のパソコンに以下のようなメッセージが出てサイトにアクセスできないというのです。 表示されたメッセージ—& …

安全性からクラウドを選ぶのは実は間違い!!【驚愕の事実】

安全性ではクラウドの選択は間違い 大切なデータを保全するため、安全にデータを保存するためにクラウドを利用しようと考えている人は少なくないようです。しかし、実はそれは大きな間違いなんです。 以前に、ある …

電源周りのセキュリティ対策 【ウイルス対策よりも重要?】

電源周りのセキュリティ対策 法人のセキュリティサポートをしていますが、ウイルス対策やデータ保全だけが大切なものではありません。パソコンの電源周りについても気を使っています。 電源が理由でパソコンが故障 …

最強のデータセキュリティ対策とは 【意外な方法が実は最強】

もう一つのセキュリティ対策 パソコンのセキュリティ対策って聞くと、なんとなくウイルスやスパイウェアに気を付けないといけない事だな。と、思ってしまいます。 でも、それだけじゃないんです。例えば、故障です …