セキュリティ対策

セキュリティから守るためのUTMが不具合の原因となる事も

投稿日:

 

先日、パソコンのメンテナンスをしている会社から連絡がありました。
職場のパソコンに以下のようなメッセージが出てサイトにアクセスできないというのです。

表示されたメッセージ—————————————-

TLS 1.0、TLS 1.1、TLS 1.2 を有効にして、もう一度 https://*****.com に接続してみてください。引き続きエラーが発生する場合は、サポートされていないプロトコル、または安全と見なされない RC4 などの暗号スイート ((詳細情報のリンク)) がサイトで使われている可能性があります。サイトの管理者に問い合わせてください。

————————————————————–

調べたところ、ブラウザの「インターネットオプション」、「詳細設定」から、TLS 1.0、TLS 1.1 を使用するにチェックを入れることで解決できるとありました。

連絡があった会社の担当者に確認してもらったところ、すでにチェックが入っていたのです。その後の聞き取りで、ほぼすべてのパソコンに同じ症状が出ていました。

考えられる原因は、「何かのセキュリティ製品が遮断している」です。ウイルス対策ソフト、ツールソフト「PhishWall (フィッシュウォール)」などを確認しても問題が見つかりませんでした。

そこで考えたのが、UTM です。UTM とは、オフィスなどで導入される総合セキュリティ機器です。通常のウイルス対策ソフトやファイアーウォール、不正アクセスなどを監視してくれるものです。

この機器の不具合で、正常な通信が誤検知で遮断されているのでは?と考えました。UTMの設置会社に連絡をしてもらい、再起動を行ったところ正常に通信ができるように回復しました。

ウィンドウズアップデートやソフトウェアのアップデートで機器の不具合が露呈することはよくあります。しかし、今回は単に機器の動作不良が原因のようでした。

勝手に再起動を行うと、UTMを管理している会社に異常通知が行ってしまうので、おかしいと思ったら一度連絡をした方がよいと思います。

それにしても、本来業務に支障が出ない様にセキュリティ機器を導入しているのですが、このような事があると本末転倒ですよね。その会社は約半日の間、銀行決済や会計ソフトの動作が出来ず、大変困ったそうです。

もし、UTMを導入されている環境で、上記のようなメッセージが出た場合は、疑ってみてもよいかと思います。

-セキュリティ対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ランサムウェアに感染した場合の復旧方法 【少しの望みを探る】

絶望のランサムウェア ランサムウェアに感染し暗号化が完了してしまうと、ほぼ復旧はできません。ほぼと言うには、復旧できる事例があるからです。 復旧できるものとして「Thanatos」というランサムウェア …

安全なパスワードを設定して管理する方法【最強パスワード管理】

安全なパスワードとは まず、安全なパスワードとはどういったものかご説明します。安全とは、簡単に推測できないもの。簡単には入力できないもの。を意味します。以下に分かりやすく例を記述します。 安全でないパ …

日本国産メーカーのウイルス対策ソフトを使う重要性【後悔する前に】

ウイルス対策ソフトの中で日本国産はどれ? 昔、海外製のウイルス対策ソフトを利用していた時期があります。というよりも、市販されているウイルス対策ソフト全てを利用したのです。その中で日本国メーカーと言える …

電源周りのセキュリティ対策 【ウイルス対策よりも重要?】

電源周りのセキュリティ対策 法人のセキュリティサポートをしていますが、ウイルス対策やデータ保全だけが大切なものではありません。パソコンの電源周りについても気を使っています。 電源が理由でパソコンが故障 …

トレンドマイクロのパスワードマネージャーを使ってみて【口コミ】

パスワードマネージャーを試してみました セキュリティ対策では、ウイルスに感染しないことも大事だと思いますが、データを盗まれない事にも気をつけないといけません。ウイルス対策にはウイルスバスターを使ってい …